心の声を大事にするのが幸せの秘訣

せかしあ
目次

自分を大事にすると、周りの人が変わる

本当はやりたいことを人に譲っていませんか?

「せかしあ」というのは、「自分を世界一幸せにする」ということの略です。

自分を幸せにするというのは、「自分を大事にすること」もその一つ。

ついつい、「自分は後でいいや」と、本当はやりたいのに人に譲ってしまうことはありませんか?

でも自分の本心が「あーあ」と思っているのなら、それは自分で、自分の深いところを傷つけてしまっていることでもあるのです。

それだけではありません。

人に譲る姿を「奥ゆかしい人だな」と思ってくれる人もいるでしょうが、人によっては、

「あの人はいつも後回しでいい人」と思ってしまうこともあります。

そうすると、だんだん順番が回ってこなくなったりして、ないがしろにされてしまうこともあるのです。

心の声を大事にしよう

自分が本当は「先がいい!」と思うのなら、その気持ちを大事にしましょう。

職場の人がお菓子を買ってきたとき、数が足りないから、本当は自分も食べたいけれどガマン・・・をしないで、「私食べたいです!」と言うのです。

数が足りないのが気になるなら、「数が足りないから、誰か、半分こにしませんか?」と言うのもいいでしょう。

中には「ダイエット中だから私は要らない」と言う人もいて、数が足りるかもしれません。

このように、自分の気持ちを伝えても誰も困らないし、自分が満足できる道もあるのです

それだけでなく、「食いしん坊キャラ」と思われることで、それから後も、おやつを優先的に配ってもらえるようになることもあるでしょう。

自分がガマンすることで、「お菓子が好きじゃない人」と望まないふうに思われるのではなく、自分の心を素直に表すことで、「お菓子を先にあげる人」と自分がハッピーになるように扱われることにもなるのです。

自分を大事にすると周りからも大事にされる!

ワガママになれ、というわけではありません。

ただ、自分の心の望む声を敏感に拾って、耳を傾けること。そしてそれを尊重すること。

そうしていくと、自分の心も満たされるし、周りからもよく扱われるようになっていくのです。

自分の心の声を大事にしましょう。

それが自分を幸せにし、周りの人からも幸せにされることにつながります!

「せかしあ」するのにおすすめの本

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる