不幸が続くときに、幸せになる方法とは

せかしあ
目次

視点を変えると毎日が変わってくる

「泣きっ面にハチ」なことが起こるわけは?

「幸せになりたい!」と思うのに、仕事でミスが続いたり、苦手な上司に小言を言われたり、彼氏に振られたり・・・と、イヤなことばかりが続いて、到底「幸せ!」なんて思えないときもありますよね。

でも、「引き寄せの法則」というのは、「同じものを引き寄せる」というのがありますから、「自分は不幸」と思っていたら、「泣きっ面に蜂」というように、さらなる不幸を引き寄せてしまいます。

プラスの面に視点を向けてみよう

そんな時にぜひしていただきたいのが、

「少しでもましなこと、許せるところ、自分が学んだこと」

を見つけること。

「仕事のミスが続いた!自分ダメ!」と思ったら、ダメを引き寄せてしまいます。

ですから、そうする代わりに「ミスが続いた!怒られたけれど、助けてくれた○○さんに感謝」とか、「ミスをしたせいで、仕事を見直せた」とか、プラスのことを見つけてみるのです。

「苦手な上司に小言を言われた!なんてひどい人!そしてあんな上司に当たった私は不幸!」と思う代わりに、「確かに一理ある。これから注意しよう」と思えばスキルアップになりますし、「いつもイライラしている人は困るな。反面教師にしよう」と思えば、自分の魅力アップにつながります。

「彼氏に振られた、もう結婚できない・・・」と思う代わりに、「あの人以上の人に出会えるということだ。楽しみ!」と思ったら、思うことが引き寄せられるでしょう。

「少しでもましなこと、許せるところ、自分が学んだこと」を見つけると、自分の中に「幸せ」を取り戻すことができます。そうしたら・・・

「笑う門には福来る」というように、幸せなことのほうを引き寄せるようになるのです!

習慣化すれば、どんな時でも幸せになれる!

物事にはさまざまな面があります。

「自分は不幸」と思っていると、あらゆることの「不幸な面」を見つけ始めます。

けれど「幸せ~!」と思っていると、「困ったことがあっても、それでも○○がある!」と「幸せな面」を見つけ始めるので、自分がどんどん幸せになっていくのです

「幸せな面を見つけること」を習慣にしましょう。

どんな時でも、あなたは幸せになれますよ!

「せかしあ」するのにおすすめの本

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる