丁寧に生きると幸せが高まる

せかしあ
目次

お金をかけなくても幸せはここに

幸せは「新しいことをすること」だけではない

「自分を幸せにする」というと、「何か買わないと!」「イベントを起こさないと!」と「何か新しいことをすること」を考えますよね。

確かに、「食べたいものを食べる」「ステキな場所でお茶をする」ということをすると、「ああ~、幸せ~~~!」と思うものです。

私も先日、赤坂プリンスクラシックハウスという、イギリス様式の洋館でティータイムを楽しんだのですが、外国にいるような雰囲気と行き届いたサーヴィス、美味しいケーキで、とてもゆったりしたいい気分を味わえました。

そういう豊かな時間を作ることも「自分を幸せにする」ことではあるのですが、毎日、というわけにはいきません。

「丁寧に生きる」という視点を

そんな時にぜひしていただきたいのが、「丁寧に生きること」

お金をかけなくてもいいのです。

もし、「面倒くさいから」と、ラーメンを食べるとき、具なしで、煮た鍋からそのまま食べることをしているのなら、こうしてみませんか?

「栄養バランスがいいほうが、体が喜ぶよね」と、キャベツやニンジンやハムも麺を煮るときにプラスする。さらにテーブルにランチョンマットを敷き、箸置きに箸を載せ、ラーメンをどんぶりに入れ、「いただきます」と手を合わせていただいてみる・・・。

ほんのプラス5分ほどの時間をかけただけですが、すごく心のゆとりができますよね!

丁寧に生きるだけで、生活の質も上がる

「いつものこと」をほんの少しだけ丁寧にしてみること。

ほんの少しだけ時間をかけてみること。

「これでいいや。・・・本当は○○したほうがいいんだけど」と思っていることを、やってみること。

そうするだけで、自分の「生活の質」も上がりますし、「心のゆとり」も増えますし、なにより、「自分をぞんざいに扱わず、丁寧にもてなしている!」という自愛の気持ちが高まるのです。

「丁寧に生きる」ということをぜひ意識してみてください。

自分の幸せ度が高まっていくのを感じるはずですよ!

「せかしあ」するのにおすすめの本

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる