自分を大事にするほど幸せになれる

せかしあ
目次

自分以上に大切な人はいないのです

自分はこれ【で】と思っていませんか?

「せかしあ――自分を世界一幸せに――」することは、自分の心を満たして、幸せを受け取りやするために、とっても大切なことです。

けれど、ついつい「自分はこれ【で】いいや」とか、人には良くやってあげても、自分のことをないがしろにしてしまうこともありますよね。

自分より人のことを大切にするのは、優しさの表れなのですが、もし「自分はどうせ」というような気持ちや不満があったら、それは「自分を粗末にしている」ということ。

それが積み重なっていくと、自信がなくなったり、「どうせ」なことを引き寄せたりしやすくなってしまうのです。

めちゃくちゃ大好きな人にプレゼントするとしたら?

どんなにステキなタレントさんに憧れていても、その人はときめきをくれるかもしれませんが、自分のランチ代は払ってくれません。

払ってくれるのは、「仕事をしてお金を稼いだ自分」

自分はそのステキなタレントさんよりも大切なパートナーなのです!

ですから、「自分にはちょっと」と思うのであれば、そのステキなタレントさんにやってあげると思ってやってみてほしいのです。

私の講座の受講生さんは、「せかしあしよう」とパジャマを買いにデパートに行ったら、お値段のわりにはいい品のものと、値段も高いけれど肌触りも極上のものがあったのだそうです。

いつもの自分であれば「値段の割にはいい品」を選ぶはずなのですが、「もし、めちゃくちゃ大好きな福山雅治さんにプレゼントするなら?」と考えたら、迷わず「極上のもの!」

それでエイヤッと購入したら・・・。

それを毎晩着るたびに「私は、これを自分を世界一幸せにするために買ったんだ」と思い出すし、極上の肌触りなので、とてもよく眠れるそうなのです。

ベッドタイムは人生の約3分の1を占めます。その時間が上質になれば、人生の質も上がるのですよね!

自分こそをもてなそう

「めちゃくちゃ大好きな人」だけでなく、「めちゃくちゃ尊敬する人」でもいいですよ。

尊敬する人に、穴のあいた靴下を履かせたりしないのならば、ぜひ自分も「穴があいているけど、買いに行くのがめんどくさいから履いているんだよな~」と思う靴下の代わりに、履きごこちの良い靴下を自分にプレゼントしてください!

大好きな人、尊敬する人よりも大切なのは「自分」。

そう思って自分を大事にすると、心が満たされてきて、雰囲気もまろやかになるので、人にももっと好かれるようになりますよ。

ぜひ自分を、大好きな人、尊敬する人以上にもてなしてみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる