幸せになるには「もっと自分を大切に」

花
目次

自分こそ、世界で一番大切

自分を大切にすることに遠慮してはいませんか?

「自分を、世界で一番大切にする」ということが、あまりピンとこなかったり、気後れしたりしてしまう人は、こんなことを思っている場合があります。

「自分をそんなに大切にしていいのかな」と。

自分なんて、あんまり大したことないから、これ「で」いいよね、とか。

自分一人だったら、適当に済ませればいいよね、とか。

親のことを優先するのが親孝行だし、子供のことを優先するのが親の義務だし、とか。

そういうことを考えて、ついつい「自分さえガマンすれば」とか「自分は後回しでいい」と思ってしまうのです。

あなたは「世界一大切にされるべき人」

もしそれが心地よかったり、「義務を果たしている自分ってステキ!」と思ったりしているのなら、それでもいいのです。

けれど、そうし続けることによって、「どうせ自分はこんなもの」とあきらめていたり、「私ばっかりなんで?」と不満がたまったりしているのであれば、それは「自分で自分を傷つけている」ということ。

本当は「もっと自分を大切にしてほしい!」と、心の深いところは叫んでいるのです。

ぜひ、その声に耳を傾けてください。

あなたは、あなたにとって世界一大切にされるべき人なのです。

なぜなら・・・。あなたがもし、嬉しい経験や楽しい経験を味わって幸せになれるときがあるなら、それは「自分の心と体」があるからですよね?

そうです、自分の体は、誰にも肩代わりができない「自分だけ」のもの。

あなたは、ものすごく役に立っている

そして、「自分なんて大したことない」と、もし思っていたとしても、そんなことはありませんよ。

もし働いてお給料をもらっていたら、誰かの役に立つことをしているということ。

掃除や洗濯を家族の分もしたのなら、家族が快適に過ごす手伝いをしたということ。

それに人は、食べなければ生きてはいけません。お米を食べたら、それはスーパーやお米農家の収益に貢献した、ということにもなります。

「そんなこと、当たり前」と思っているかもしれませんが、一つ一つ数え上げてみると、自分という存在は、ものすごく世の中の役に立っているのです。

あなたは幸せになる価値があります。

その自分に、心地よい環境を整え、幸せになることをプレゼントしてあげましょう。もっともっと自分を可愛がって幸せにしてあげましょう。

自分を幸せにするのは「義務」!

自分は、誰も代わりになることができない、大切な人。

そのかけがえのない自分の「管理」を任されているのは、ほかでもない「自分」です。

「自分」こそが「自分」を幸せにする義務があるのです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる